第1回 マーケットはアジア全域! インバウンド・アジア消費関連企業たち

いまマーケットで注目すべき企業をピックアップし、毎月ご紹介する「日興ストラテジー・セレクション」。今日から4回にわたって、全21銘柄をテーマごとにご紹介します。

2018年上半期の訪日外国人客が過去最高の1589万人を記録するなど、引き続きビジネスチャンスが拡大しているインバウンド関連。また、中国をはじめとするアジア諸国では、中間層を中心に、高品質で安心な日本ブランドのベビー用品やヘルスケア用品などの消費が伸びています。そこで今回は、アジア全域をマーケットと捉え、魅力的な日本の製品やサービスを手掛けるインバウンド消費・アジア消費関連企業を一挙にご紹介します!

「ドーミーイン」のインバウンド比率が急成長するワケ【共立メンテナンス】

ビジネスホテルやリゾートホテルのホテル事業、学生・社会人向け寮事業などを手がけている「 共立メンテナンス  ()  () 前日終値  () 始値  () 高値  () 安値  () ※株価、指数は最低20分遅れとなります。 」。なかでもビジネスホテル「ドーミーイン」は訪日外国人の利用が急増しています。

ドーミーインの人気の秘密は、外国人に嬉しい“おもてなし”にあります。ホテルの公式サイトは英語・中国語・韓国語に対応しているほか、ほとんどの施設にサウナ付きの大浴場とランドリーコーナーがあり、夜には無料ラーメンのサービスがあります。こうした魅力的なサービスが口コミなどで広がり、利用者の増加につながっています。

ドーミーイン事業の好調を受けて、同社は2018年3月期には6期連続で経常利益が過去最高を更新! 配当金も6期連続増配となりました。旅行者に嬉しいサービスいっぱいのホテルを運営する共立メンテナンス。訪日外国人増加の恩恵を受けやすい会社の一つと言えるでしょう。

ドーミーイン事業の稼働率は90%。これは競合と比較しても非常に高い水準で、注目に値するスコアです。新たに11棟のホテル建設も決定しており、安定した収益拡大が期待されます。

インバウンド増加がダイレクトに業績を底上げへ【日本空港ビルデング】

東京の空の玄関口として、国際線・国内線ともに多くのフライトが発着する羽田空港。その羽田空港のターミナルビルの運営をしているのが「 日本空港ビルデング  ()  () 前日終値  () 始値  () 高値  () 安値  () ※株価、指数は最低20分遅れとなります。 」です。

同社の事業はビル施設の建設・管理や、チェックインカウンターや事務室の賃貸にとどまりません。免税店やショップ運営などの販売業や、レストラン運営や機内食・空弁(そらべん)などの製造販売といった飲食業も展開しています。「都心に近い」「国内線への乗り継ぎに便利」「24時間オープン」といったメリットをいかし、空港利用者のニーズを取り込んでいます。

2018年3月期は訪日客が増えたために販売業の売上が伸び、営業利益は過去最高を更新しました。これからも旅行客の増加とともに成長が期待されます。

羽田空港の年間発着枠は現在の44.7万回から48.6万回へ増える計画。2019年3月期も営業最高益を更新することが見込まれています(会社予想)。

アジアで大人気! 最高益をけん引する「無印良品・MUJI」ブランド【良品計画】

「無印良品」は1980年に40品目からスタートし、いまや衣料品や家庭用品から食料品まで約7000アイテムに達しています。この「無印良品」の企画開発・製造から販売までを手がけているのが「 良品計画  ()  () 前日終値  () 始値  () 高値  () 安値  () ※株価、指数は最低20分遅れとなります。 」です。

同社が海外向けに展開するブランド「MUJI」は、ロゴも模様もないのが特徴です。収納力バツグンなバッグやポーチ、汚れがつきにくい撥水加工のコットンスニーカーなど、どれもシンプルでいて機能的な製品ばかり。日本だけでなく東アジアを中心とする海外でも大人気です。

業績も好調で、2018年2月期には営業利益ベースで7期連続増益となり、過去最高を更新しました。特に、中国をはじめとする東アジアでは、積極的な出店によって営業利益の37%を稼ぎ出しています。国内店舗でもインバウンドによる免税販売が好調。日本ブランドのグローバルな活躍が今後も楽しみです。

中期経営計画では、2020年度に営業収益5000億円、営業利益600億円を目指すとのこと。特に海外出店を強化する予定で、世界展開が加速しそうです。

「買いやすさ」の改善で客数急増【ドンキホーテホールディングス】

ディスカウントストア「ドン・キホーテ」を中核とする「 ドンキホーテホールディングス  ()  () 前日終値  () 始値  () 高値  () 安値  () ※株価、指数は最低20分遅れとなります。 」。ドン・キホーテは、免税対象商品が拡大された2014年10月以降、旗艦店を中心に免税カウンターを設置し、免税品を買いやすくなるようにしました。さらに、英語・中国語・韓国語・タイ語対応のホームページや24時間対応コールセンター、全店無料Wi-Fiや銀聯カード決済など、訪日外国人客、特にアジア人客にとって便利なサービスを展開してきました。

その企業努力が実り、2015年の爆買い期には10万人~20万人だったドン・キホーテの月間免税客数は、2018年1~3月には月間40万人を超えるまでになりました。

もともとアミューズメント性の高いディスカウント戦略が人気のドン・キホーテ。インバウンドの追い風が続く限り、まだまだ成長が期待できそうです。

2018年6月期は2ケタ増収増益となり、29期連続の増収営業増益を達成。好調なインバウンド分野が支えとなり、収益の柱となりつつあります。

売上の3割強を中国で稼ぎ出す【ピジョン】

赤ちゃんがママのおっぱいを飲むときの吸い方を研究し、哺乳びんの国内売上シェアNo.1となっているのが「 ピジョン  ()  () 前日終値  () 始値  () 高値  () 安値  () ※株価、指数は最低20分遅れとなります。 」です。

同社は哺乳びんでのノウハウをいかし、おしゃぶり型マグカップやベビー用食器、マタニティ用品など、ベビー・ママ向け用品を開発。高価格ながらも赤ちゃんの安全性を求めるピジョン商品は、中国でも人気で、2018年1月期では売上高の3割強が中国での売上となっています。

さらに、少子化が進む日本国内での売上高を支えているのが、実は約2割を占めるとされるインバウンド消費。赤ちゃんの健やかな成長を支えるピジョン商品は、国内でのインバウンド消費の増加、アジアでの消費の増加につながっています。

2018年2-4月期は営業利益が前年比2ケタ増益。セグメント利益では、中国事業が前年比19.5%増と全体をけん引する構図は変わっていません。

紙おむつ「メリーズ」がアジアで急成長中【花王】

ベビー用紙おむつの「メリーズ」、洗剤の「アタック」、スキンケアの「ビオレ」とおなじみのブランドを製造・販売している「 花王  ()  () 前日終値  () 始値  () 高値  () 安値  () ※株価、指数は最低20分遅れとなります。 」。特に、メリーズは国内のベビー用紙おむつ市場で11年連続1位を誇るだけでなく、EC(ネット販売)が好調だったことから、中国の乳幼児用紙おむつ市場でもトップシェアとなりました。さらに、中国以外のアジア諸国でも、2017年までの過去5年でシェアを約3倍にのばしています。

メリーズなどの海外売上がけん引役となって、2017年12月期には5期連続で営業利益が過去最高を更新し、配当金も28期連続増配となりました。さらに、花王は中国向けEC・越境EC(日本商品の直接販売)ビジネスやアジア向け化粧品事業を強化し、2018年度でも増収を目指しています。

2030年までに売上高2.5兆円、営業利益率17%を掲げる同社。営業利益は2017年12月期の2048億円から倍以上となる計算です。連続増配記録もまだまだ伸びそうです。

まだまだ拡大が期待できそうなインバウンド消費やアジア消費。日本の高品質なサービス・製品を武器に、海外のニーズをうまく取り込んでいる会社をぜひチェックしてみましょう。

今回のテーマで取り上げた上場企業

共立メンテナンス
日本空港ビルデング
良品計画
ドンキホーテホールディングス
ピジョン
花王

本サイトは、原則として原稿作成時点における情報に基づいて作成しております。また、記載された価格、数値等は、過去の実績値、概算値あるいは将来の予測値であり、実際とは異なる場合があります。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。