「見切り千両」

恋愛をしているときは、相手のいいところばかりが目に入ってくるよね。株式投資も同じで、自分が保有する株は「値上がりする」と期待して買ったので、多少下がっても「いい会社なんだから、そのうちまた上がるはず」と根拠のない期待をしてしまうんだ。でも、それって大損する典型的なパターン。株式投資の格言には「見切り千両」って言葉がある。含み損を抱える株式は、損失が少ないうちにさっさと見切りをつけて売り、大損を避けるのが賢いっていう意味だ。超有名な格言なんだけど、解説の後にはたいてい「わかってるけど、いざとなるとできない」って書いてある(笑)。みんな自分の都合のいいように考えたいから、損をしたくないって気持ちが優先して、見切るタイミングを決められないんだ。「見切り千両」で未練を断ち切れるようになったら、キミも立派な投資家の仲間入りだ。