第四回 10年投資家編【前編】

投資を始めて10年。初心者の気持ちを残しつつも、だんだんと投資のことがわかり始めて上級者への階段に足をかけるころだ。そんな投資歴10年前後の投資家なら、これから始める人の気持ちに寄り添ったアドバイスがもらえそう。5名の10年投資家たちは今、何を考えているのだろうーー?

「3%・5%ルール」って?

 ーー皆さんの投資スタイルは?

90銘柄さん:
20歳になって社会とのつながりを持ちたいと思い、投資を始めました。最初のころは値上がりしそうな株を狙って買っていましたが、いまは安定配当、株主優待のもらえる銘柄を長期保有するスタイルです。

90銘柄さん――37歳男性。20歳から始めた投資のキャリアは18年。株主優待銘柄を中心に90銘柄を保有。これまでに株で稼いだ利益は800万円を超える。

ベイスターさん:
短期で勝負することもありますが、損切りするのが好きではないので、じっくり長く付き合える銘柄を中心にしています。

ベイスターさん――31歳男性。製造業で経理職に従事する。短期で売買することもあるが基本は長期保有。アベノミクス株高の波に乗り、250万円の利益をあげる。

ファッショニスタさん:
私はスウィング(中期保有)が多いですね。値動きが激しくリスクがある銘柄でチャンスを探しますし、不祥事の発覚した銘柄をあえて買うこともあります。

ファッショニスタさん――45歳男性。教育産業で講師を務める。不祥事などで急落した銘柄も臆せず買っていく積極的なスタイル。生活面では一点豪華主義で積極的に消費する。

優待ご飯さん:
私は高配当や株主優待、それにIPOですね。株主優待を自分で金額に換算し配当との合計利回りが5%を超えたら買う、株価が値上がりして3%を下回ったら売る、ということを月1、2回くらい繰り返し行なって、成果が出ています。投資を始めたのが、株価が値下がりしていたリーマン・ショックのころだったのもよかったのかもしれません。

優待ご飯さん――31歳男性。投資歴10年弱。都内勤務の会社員。株主優待やふるさと納税をフル活用し、飲み代以外の出費は月2000円ほど。節約生活で築いた資産は4000万円。

初心者を悩ませる「売り時」

ファッショニスタさん:
リーマン・ショックのころ、幸運にもちょうど銘柄を減らしていたので大きな影響はうけませんでした。暴落を予想していたわけではないのですが。

株馬さん:
リーマン・ショックのころ、FXをやっていてボロ負けした記憶があります。でも、そのおかげで目がさめて、勉強をしようと思えた。投資資金を貯めながら半年ほど研究し、それでやっと勝てるようになり、株にも手を広げました。今は自分なりの売買指標を作成し、それに従って買える銘柄、売るべき銘柄があれば発注しています。投資では、買い時よりも売り時が難しいですよね。

株馬さん――37歳男性。投資歴10年強。FXから投資を始めるがリーマン・ショックで大ヤラレ。研究を重ねて自分なりの売買ルールを確立する。株では株主優待銘柄が中心。

優待ご飯さん:
売り時は悩みますね。今は先ほど言ったような「3%・5%ルール」でやっているので平気ですが、最初はいつ売ったらいいのか、わかりませんでした。

株馬さん:
買い時は多少失敗してもリカバリーできますが、売り時を失敗すると保有ポジションがないから何もできない。FXでは『1割残して9割売る』ようにしています。ポジションを持っていないと不安になる病気なのかもしれません(笑)。

90銘柄さん:
株主優待目当てで買った銘柄が値上がりしても「優待がほしいから」と売らないでいると、優待の権利確定後にガクンと下がることがある。「少し売っておけばよかったな」と後悔することも頻繁にあります。

ベイスターさん:
利益確定で売るならいいですが、損切りはイヤですよね。含み損が大きくなると、ちょこちょこナンピン(買い下がり)を入れながら耐えることがあります。

90銘柄さん:
私はそれほど頻繁に売買するほうではないので、塩漬けしている銘柄もあります。長い目で見ると、よほどのことがないかぎり持ち直す株も多いので、慌てて売ることはないかな、と。もちろん早く売ったほうがよかった、ということもありますが。

平日は仕事に集中、株のことは週末に

ベイスターさん:
じつは先日買ったばかりの「 JT  ()  () 前日終値  () 始値  () 高値  () 安値  () ※株価、指数は最低20分遅れとなります。 」が下がってしまって。日経平均が1000円ほど下がったので連れ下げしただけでしょうし、配当狙いで買ったので気にする必要はないのですが、つい気になってしまいます。

優待ご飯さん:
お昼休みには株価をチェックしてしまいますよね。

ファッショニスタさん:
ニュースを見ていると、見たくなくても株価が目についてしまう。「フェイスブックの時価総額が3兆円減った」だとか、見たくないのに(笑)。

株馬さん:
最初は中毒のように四六時中、株価ばかり見ていました。これではいけないと思って、平日は朝、昼、仕事が終わったあと、寝る前と4回チェックするだけ。どの銘柄を取引するかを考えるのは週末。戦略を考えて、週末にまとめて指値を発注しています。競馬も好きなので、競馬の予想と一緒に、ですね(笑)。

ーー株と競馬、どちらが好調ですか?

株馬さん:
利益が出ているのは株です。競馬はけっこうヤラれています……。

優待ご飯さん:
私は平日も1時間ほど、株に費やしています。帰宅後に株価やツイッター、個人投資家のブログを見て、戦略を考え、指値を入れ、寝る。昼間は指値の約定を確認するだけです。

90銘柄さん:
今、90銘柄ほど保有しているのですが、銘柄数が増えてくると管理が難しくなってきますよね。今は保有銘柄の一覧をざっと見るくらい。銘柄数の少ないころのほうが1銘柄ずつ細かくニュースや決算を見ていた感じがします。

優待ご飯さん:
私も同じくらい持っていますが、もう管理しようと思っていないですね。配当、優待目当てがほとんどなので、それがもらえていればいい。でも3銘柄ほど、厚めに買っている銘柄があるので、それは細かく管理しながら売買しています。

社長に言いたいことがある!

90銘柄さん:
給料から注ぎ込んでいくと、自然に銘柄数が増えていきますよね。ポストに株主総会の招集通知が大量に届くので、「たくさん買ったもんだなぁ」と実感します。

ベイスターさん:
90銘柄って信じられないですね。私は20銘柄くらいなので各社のニュースを都度都度チェックできますが、それでも株主総会の季節にはポストがいっぱいになります。

ファッショニスタさん:
株主総会のお知らせがくると、季節を感じますよね。出席したいのですが、平日に開催されることが多いので行けていません。

90銘柄さん:
私もです。「 東芝  ()  () 前日終値  () 始値  () 高値  () 安値  () ※株価、指数は最低20分遅れとなります。 」を持っているので、株主総会で会計不祥事について喝を入れたかったのですが……(笑)。

優待ご飯さん:
GMOインターネット  ()  () 前日終値  () 始値  () 高値  () 安値  () ※株価、指数は最低20分遅れとなります。 」は祝日に開催してくれたので参加してきました。社長のしゃべりの上手さが印象に残りましたし、「あのサイトは使いにくいのでは」とか、ざっくばらんに質問できるんだ、と。

株馬さん:
社長に言いたいことがある銘柄を買うのもいいかもしれないですね。

ファッショニスタさん:
エイベックス  ()  () 前日終値  () 始値  () 高値  () 安値  () ※株価、指数は最低20分遅れとなります。 」の株主総会は参加してみたい。ホールで開催され、アーティストのライブもあるというので。「 アミューズ  ()  () 前日終値  () 始値  () 高値  () 安値  () ※株価、指数は最低20分遅れとなります。 」も日曜日に開催してくれるというし、ライブもあるようですね。

<まとめ>
・株は、「買う」より「売る」タイミングが難しい
・売買について自分に合うルールを作ると楽になる
・週末に戦略を立て、まとめて指値を入れている

今回のテーマで取り上げた上場企業

JT
東芝
GMOインターネット
エイベックス
アミューズ

本記事は、取り上げた企業への投資を推奨するものではありません。原則として原稿作成時点における情報に基づいて作成しております。また、記載された価格、数値等は、過去の実績値、概算値あるいは将来の予測値であり、実際とは異なる場合があります。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。