ビンの中に、コインが1個しかないと、音を立てるが、いっぱい詰まっていると、音を立てない

「口は災い」という通り、おしゃべりな人は寡黙な人より、余計なことを言って失敗するリスクが高い。そんな人への教訓が、今回紹介する「ビンの中に、コインが1個しかないと、音を立てるが、いっぱい詰まっていると、音を立てない(One coin in a bottle rattles, but the bottle filled with coins makes no sound.)」だ。一瞬、何のこと? と思うかもしれないが、ビン=頭脳の例えといえばわかるだろう。つまり、頭に知識が少ししかない人ほど知ったかぶりをしてよくしゃべり、知識がたっぷり詰まった賢い人ほど寡黙だということ。特に、成功したときの自慢話は、要注意。そんなことをベラベラしゃべると、妬みや恨みを買う恐れがあるからだ。迫害や差別にあってきた歴史から、慎重さを欠かさないユダヤ人。おしゃべりな人はこのマインドを見習うべきだね。

■ユダヤ人の格言について
ユダヤ人はパレスチナの地を追われて各地に離散し、差別や迫害を受けた過酷な歴史をもつ。長い間、国家をもたない民族として生き延びる過程で、多くの格言を使って苦悩や喜びを表現し、生き抜く「知恵」を子孫に残してきた。その格言の数々は、現代に生きるわれわれにとっても、普遍性・説得性をもつものばかりだ。
■参考文献
『ユダヤ人ならこう考える! お金と人生に成功する格言』(烏賀陽正弘《うがや・まさひろ》著・PHP新書)より格言を選出。解説も烏賀陽氏の見解を参考にしている。
https://www.amazon.co.jp/dp/456964158X