「魚の頭とシッポは猫にくれてやれ」

秋だね~、サンマの塩焼き、おいしい季節だね。お腹に脂がのった身を大根おろしとスダチと一緒に口に入れると、もうとろけるよね! 頭とシッポの周りまできれいに食べ尽すのがベストなんだけど、細かい身をはがそうとしていつもグチャグチャになっちゃう。どうすればいいんだろう……っていう状況にそっくりな格言があるので、紹介しよう。「魚の頭とシッポは猫にくれてやれ」。株式投資の理想は、最安値で買って最高値で売ること。でも現実はそんなにうまくいくわけない。底値を狙って買い時を逃したり、天井で売ろうとして暴落してしまったり。だったら確実に利益を狙って、上がり始めたら買って、下がり始めたら売る「順張り」がいい。実現が難しいことにエネルギーを注ぐより、確実に利益がとれるところを狙って確実に儲けようという教えだね。まあ、人生も同じ。欲張らず、ほどほどのところで満足するのが幸せになるコツってこと。