「木を見て森を見ず」

いや〜、日経平均の値動きが激しくなっているね。アメリカと中国の貿易摩擦など、世界経済の先行き不安が影響してるみたい。企業業績は好調だから大きく崩れることはないだろう……って、評論家気取りはやめろって? いや、これは個人投資家に必要な「森の視点」なんだ。相場には「木を見て森を見ず」って格言があって、「木」は個別の銘柄、「森」は相場全体を指す。つまり、個別銘柄の株価だけを見て、それを取り巻く業界や、ひいては日本経済の状況を知らないと、大きな相場の流れについていけず損をするってこと。せっかく株式投資をするなら、個別銘柄ばかりを追いかけずに、日経平均や経済ニュースをチェックするくせをつけよう。木を見て、森も見る。そうすれば経済に強くなり、投資だけでなく、ふだんの仕事にも役立つはずだよ。