ソフトバンクがついに上場! 2018年のIPOまとめ

本日は「 ソフトバンク  ()  () 前日終値  () 始値  () 高値  () 安値  () ※株価、指数は最低20分遅れとなります。 」の上場日! 売出総額はなんと2.4兆円。1987年に上場したNTT(約2.4兆円)と肩を並べる、超大型IPOとなりました。そんな歴史的なIPOで締めくくろうとする2018年のIPOマーケットはどうだったのでしょうか。IPOが好調な背景は? 大きく上昇した銘柄は? 株式市場全体の動きとともにIPOマーケットの動向を振り返ってみましょう。

27年ぶりの高値回復も束の間

2018年1月4日に2万3506円(終値)でスタートした日経平均株価。トランプ米大統領による関税強化や、それに対する中国の報復関税のニュースなどから、景気の先行きに対する不透明感が高まりました。その結果、企業業績は好調なものの、2019年以降の景気減速などが意識され、株価は上値の重たい展開が続きました

9月には、そうした通商摩擦がいったん緩和するとの憶測が広がり、株価は上昇。日経平均株価は約27年ぶりの高値を回復し、10月2日に高値2万4270円を付けました。しかし、再び米中貿易戦争による景気悪化が意識され始め、株価は下落。10月~11月の中間決算発表では、企業による通期業績見通しの下方修正なども相次ぎ、投資家心理は決して良い状況とは言えなくなってきました。

2社に1社が初値2倍! 2013年以来の好調なIPO環境

そうした中、IPOマーケットは好調を維持しています。2018年1ー11月の上場数は71社でした。12月に上場を予定している20社を加えると、2015年の92社に肉薄する91社が上場することになります。

また、11月までに上場した企業のうち、初値が公募価格の倍以上に上昇した企業は、38社となり、その比率は53.5%にも上りました。なんと2社に1社の割合で初値が倍以上になったことになります。これは、近年で最高だった2013年の53.7%に迫る水準であり、2018年も好調なIPO相場環境だったことがうかがえます。

初値でいきなりテンバガーになったHEROZ

個別でみると、 上昇率トップは企業向けの人工知能(AI)サービスを展開する「 HEROZ  ()  () 前日終値  () 始値  () 高値  () 安値  () ※株価、指数は最低20分遅れとなります。 」です。公募価格4500円に対して、初値はなんと4万9000円! 初値でいきなりテンバガーになるという偉業を達成しました。AI技術に対するマーケットの注目度の高さや、発行総額の小ささなどの要因が重なり、買いが集まったものとみられます。

その他では、「アンバサダー」と呼ばれる“自発的にクチコミ/推奨するファン”を通じたマーケティング支援を行う「 アジャイルメディア・ネットワーク  ()  () 前日終値  () 始値  () 高値  () 安値  () ※株価、指数は最低20分遅れとなります。 」の初値が公募価格の5倍以上になりました。また、「使った分だけ課金する」サブスクリプション(契約管理)型のビジネスモデル構築をサポートする「 ビープラッツ  ()  () 前日終値  () 始値  () 高値  () 安値  () ※株価、指数は最低20分遅れとなります。 」や、業務用食材や厨房機器などを取り扱うECサイトを運営する「 Mマート  ()  () 前日終値  () 始値  () 高値  () 安値  () ※株価、指数は最低20分遅れとなります。 」、高精度ミラーや、細胞培養装置を開発する「 ジェイテックコーポレーション  ()  () 前日終値  () 始値  () 高値  () 安値  () ※株価、指数は最低20分遅れとなります。 」などの初値が公募価格の4倍以上になりました。

横ばい推移だった株式相場を尻目に、テンバガーを生み出し好調だった2018年のIPO市場。2019年も公募株比率に着目したり、上場する市場などに注目しながら、元気なIPO銘柄をチェックしていきたいですね。

これから証券口座を開いて、IPOにチャレンジしたいという方は、こちらの記事もご覧ください。
第1回 やらなきゃ損!? IPO投資の魅力とは

*ご留意事項
本記事内の各種データについては、過去の一定期間における実績を基にSMBC日興証券が分析したものであり、将来の成果等を保証するものではありません。IPOのデータは、REITとインフラファンドを除いたものです。IPO投資に関する手数料・リスク等の情報はこちら