「山高ければ谷深し」

人生、山あれば谷あり。仕事で成功して調子に乗って遊んでいたら、あっという間にライバルに抜かれた……みたいなことって、よくあるよね。株価も同じで、大きく急上昇して「やった!」と喜んでいるときこそ、注意が必要だ。人気が出始めてどんどん株価が上がっていくと、投資家は強気になる。さらに、人気につられて業績を度外視して買う投資家も出てくる。そうなると実力以上の高値がついてしまい、人気が落ち始めた途端にみんなが不安に陥り、株価が急落する。まるでジェットコースターのような値動きだ。こんな両極端の投資家心理に振り回されないために、「急騰した銘柄ほど下げ幅も大きい」と肝に銘じよう。人生と同じで、いいことも悪いこともずっと続くわけじゃない。値動きを見守るときは、できる限り平常心で、クールにいきたいものだ。