明治大学・友野教授が解き明かす、あなたが陥りがちな投資の落とし穴

  • FROGGY LIVE – あなたのお金をカエル授業 – / 友野 典男

皆さん、こんばんは。明治大学の友野です。
投資を始める、または投資をやっていると気をつけなくちゃいけない「落とし穴」があります。たくさんあるんですが、今日はその中から5つの「落とし穴」について説明したいと思います。

私の話は、「こうやればもうかる」とか「こうやったらいいよ」と勧めるものではありません。もし本当にそんな方法を知っていたら、人に教えませんね。黙って自分がもうけるのが一番いいはずなので、「こうやったらもうかりますよ」「確実にもうかる方法はこれですよ」と言う人がいたら、あるいはそんな本があったら、気をつける。それがまず大前提です。そういう落とし穴に落っこちないように気をつけていただきたいと思います。

では、最初のスライドです。

人間が「どの金融商品にどれだけの額を投資しようか」とか、「どんな物を買おうか」といった判断を下すとき、基本的には「感情」と「理性」の両方が働いています。
そんなの当たり前だと思われるでしょうけど、これがなかなか一筋縄ではいきません。われわれ行動経済学者はよく、「感情」を象に例えます。さらに、自己規制を生み出す「理性」を象使いに例えます。この絵を見てお分かりの通り、身体の大きな象に対して、象使いはあまりに小さい。

象使いは象をコントロールしようとします。つまり、人間は自分の感情や直感を理性、理性や思考でコントロールしようとするんですけども、これなかなかうまくいきません。うまくいくときもありますが、象は時々暴走します。象が勝手にどんどん走って行ってしまって、それを象使いがコントロールしきれないということはよく起きます。

もう1つ、感情や直感は間違いやすいという性質があります。直感的判断に従うとか、感情にとらわれて行動することって皆さんもあると思いますが、大体間違うことが多い。その間違いを正すために理性や思考があるのですが、こっちは怠けもので消耗しやすい。なぜかというと、ものを考えるのって大変ですよね。一生懸命意識しないと、人はものを考えない。ずーっと何かを考え続けるって、疲れちゃってなかなかできません。特に、他のことに考えがとらわれているとか、仕事の後で疲れているとかいう状況だと、象使いが消耗して、象をコントロールできなくなります。

感情によって間違った考えが作り出され、それを理性や思考がうまく修正できない。そのような人間の性質を「認知バイアス」または「感情バイアス」と呼びます。落とし穴を掘っているのは、これらのバイアスです。聞きなれない言葉かもしれませんが、Wikipediaで「認知バイアス」と引くと100種類以上も出てきます。その中から、今日は特に5つの落とし穴を選んで紹介します。