ファイナンシャル・ジャーナリスト 竹川美奈子が語った「資産形成の4つのポケット」とは

竹川美奈子と申します。「今日からコツコツ投資をはじめよう!」ということでお話をしていきたいと思います、よろしくお願いします。

なかなかお金の話ってしづらいものですよね。私は6年ほど前からボランティアで「コツコツ投資家がコツコツ集まる夕べ」という、投資家さんがお金について気楽に語り合える交流会をやっています。もしよろしければ顔を出してみてください。
それ以外の活動としては、投資信託や確定拠出年金の本を書いたり、マネープランについて企業さんでお話をさせていただいたりしています。

今回は、「今日からコツコツ投資をはじめよう!」ってお話をしますが、「どうやって資産形成を始めてったらいいか」という話を中心にお話していきたいと思います。

ところで、最近「老後貧乏」とか「下流老人」、「老後破産」といった言葉をTVや雑誌で見聞きすることが増えたと思います。でも私、こうした言葉、大嫌いなんですよ。

「老後が不安だ」と言っている間に、準備を始めたほうがいいと思うのです。不安だと思うだけでなく、自分の場合はどうなのかとか、うちの家庭ではどう考えたらいいのかを念頭に置いて、少しでも、早めに「行動する」ことが重要だと思っています。

そのためには、自分事として捉えてほしいんです。例えば、仕事やキャリアについては、皆さんちゃんと考えていらっしゃると思います。それと同じように、お金についてもちゃんと自分自身でマネージメントしていく、そういう意識をぜひ持ってほしいと思っています。もっと言うと、人生を通してお金の管理を行い、長期的にお金を育てていくということを、意識していただきたいです。

ちょっと難しい言葉で言うと、皆さん「人的資本」を持ってますよね。将来の稼ぎ力の総和が人的資本ですが、時間の経過とともに、残念ながら減っていきます。私も、(若いときは)左側にいましたが、年をとってきて、だんだん右側に移行しています。働ける期間は短くなっていきますから、そうなるとどうすればいいかと。

稼ぎ力を上げるのもひとつでしょうし、長く働ける期間を延ばすのもひとつでしょう。そして、できれば、余裕があるうち、つまり将来の稼ぎ力があるうちに、稼いだお金の一部を金融資産に移していくということが重要だと思います。この点をなるべく若いうちから意識をしていただきたいと思うわけです。

けれど、実際は、就職したばかりでお金ないしなあとか、結婚したばかりでお金ないしなあ、子どもが生まれると教育費もかかるしなあ……ということで、結局いつになっても資産形成を始めないというケースが多いのです。

でも、今ないものは将来もない(笑)。「余裕資金ができたら」と思っていても、そうそう余裕資金はできません。だから、今あるお金の中から捻出して、貯蓄や投資に回していく仕組みを早めにつくる、これがすごく重要です。そして、なるべく早いほうがいいのです。

こういう話をすると、セミナー終了後に「なんでもっと早く言ってくれなかったんだ」と怒る方もいらっしゃいます。けれど、皆さんにとって、今日が人生で一番若い日です。ですから、今日から始めることが、一番長く貯蓄や投資をしていけるということになります。今日からちょっとだけ意識を変える。それを心がけてください。