四季報のプロである渡部清二が伝授「400万文字からキラリと光る1文字を」

  • FROGGY LIVE – あなたのお金をカエル授業 – / 渡部 清二

皆さん、こんばんは。渡部清二と申します。本日は夢のある話をしにまいりました。どうぞよろしくお願いします。資料をお出しください。お題は、「明日からできる! 会社四季報の歩き方」です。

『会社四季報』というのは、上場会社3600社が全部載っている、約2000ページの冊子です。私はこれを1ページから2000ページまで、すべて読むというのを20年やっていまして、これで78冊目になります。

まずは自己紹介です。私は複眼経済観測所という会社を経営しています。『会社四季報』ですとか、『日経新聞』ですとか、だれでも手にできるものを使って幅広く経済をビジョンするという、おそらく世界でも珍しいビジネスモデルです。実際の業務は、機関投資家向けのリサーチ情報の提供です。あとは投資教育、啓蒙ですとか、いろいろやっております。

私自身は、1990年に野村證券に入社しまして、10年間、支店営業を担当しました。その後、機関投資家営業部という部署に移りまして、ここで12年間、営業をやりました。この部署が扱う商品は、日本株だけです。日経平均が半分になろうが倍になろうが、関係ありません。世界中の機関投資家に常に日本株を売るという仕事をしていました。その後、退社しまして、四季リサーチという会社を創りました。

気になるのは、右のマリオブラザーズみたいなヒゲの男ですね。私の相棒です。トルコ出身のエミン・ユルマズ。彼の他己紹介もしておきますと、16歳で生物学オリンピック世界チャンピオンになりまして、国費留学でどこへ行ってもいいぞと言われて、日本に参りました。日本語を勉強して、センター試験を通って東京大学に進学。バイオの博士課程までいったんですが、なぜか野村證券に入りまして。どういうご縁か、私と一緒にやっております。彼も、会社四季報を読破しています。

メディア出演ですが、こういったものに出ております。
いちばんうれしいのが左下です。これは2014年4集の『会社四季報』ですが、その編集後記に私の個人名が出ています。『会社四季報』80年の歴史において、おそらく後にも先にもないとことだと思います。よく歴史に名を残すといいますが、一応、私は四季報に名を残したということで、ひとつ、やったなと思っています。