「株で儲けるにはもう一人のバカを探せ」

あ~、しまった。なんかこの株、高値でつかんじゃったかも。そう思って焦っているキミに、投資の本場・ウォール街の格言を捧げよう。ずばり、「株で儲けるにはもう一人のバカを探せ」。うっかり高値でつかんだキミは、確かにちょっとバカだと思う。でもね、ほかにも「まだ上がる」と思っている人がいるかもしれない。そういう期待を持っている「もう一人のバカ」がもっと高値で買ってくれれば、キミは儲けることができる。「まだ上がる」という根拠のない期待をもつ人たちがいるから、相場は成り立っているんだ。だから高値でつかんだとしても、絶望するにはまだ早い。その後も値動きをチェックしていたら、「もう一人のバカ」が出てくるかもしれない。でも、待てど暮らせど誰も買わない場合は……。残念、キミが「いちばん最後に残ったバカ」だったようだ。さっさと損切りしよう。