採石場から見える「建材」の世界

北海道・札幌での社員旅行も最終日。空港で東京への便を待ちながら、話をするユイとタカシ。開拓民の歴史を知り、野球を観て海の幸も味わい、満喫したというユイに、「実は他にも行きたいところがあった」と言う、タカシ。北海道でタカシがやり残したこととは……?
「札幌ドームで出会える企業」を読む

ユイ

大好きなウニ・イクラ丼も食べたし、ふだん話さない部署の人たちとも宴会で仲良くなったし、楽しかった! 社員旅行って面倒くさいと思ってたけど、バカにできないわね。

タカシ

僕も、社会人になって札幌に遊びに来る機会がなかったから、来れてよかったな。本当は、もう1つ行きたいところがあったけど……。

え、そうなの? ファイターズは逆転で勝ったし、もう思い残すことはないでしょ。

石切り場跡で写真を撮りたかったんだよね……。

は?

「石山緑地」という公園だよ。明治から昭和初期にかけて、「札幌軟石」という建材用の石が産出された場所なんだ。岩肌がむき出しになってるシュールな景色で、絶好の撮影ポイントなんだよね~。

さすがに、その趣味にはついていけないかも!

行けばきっと気に入るよ。いまは建材のメインはコンクリートやセメントで、札幌軟石のような石材はほとんど使われていない。建材を扱う会社のビジネスモデルも、昔に比べて多様になった。たとえば「 住友大阪セメント  ()  () 前日終値  () 始値  () 高値  () 安値  () ※株価、指数は最低20分遅れとなります。 」は、1907年にセメント事業を始めた老舗だけど、時代とともに扱う素材をどんどん広げている。もともとのセメント事業を根幹としながら、環境、発電、鉱産品、独自技術によるナノ粒子など、新しい分野を開拓しているんだ。

建材会社が、環境事業まで手掛けているの?

あまり知られていないけど、セメント業界って、産業廃棄物処理のプロフェッショナルなんだ。業界全体で、年間2700万トンの産業廃棄物を処理していて、これはなんと東京ドーム16杯分にあたる。セメントの加工に必要な「素材を細かく選別し、高温で処理する」技術が、産廃処理に役立つらしい。業界の中でも、住友大阪セメントはこのリサイクル分野に力を入れていて、かつバイオマス発電の売買でも実績を出している。建材のイメージを覆す、ユニークな会社だよね。

社会を支える「自負」をもつ企業

ユニークな建材会社といえば、「 ヤマックス  ()  () 前日終値  () 始値  () 高値  () 安値  () ※株価、指数は最低20分遅れとなります。 」もそうだなあ。熊本に本社を置く会社で、コンクリート二次製品のメーカーとしては九州最大だ。

どこがほかの建材会社と違うの?

「防災・減災」をキーワードに打ち出しているところだよ。コンクリートに機能性を追加した商品を開発して、安心できる街づくりに貢献しようとしている。商品ラインナップを見ると、土砂の崩壊を防ぐ「擁壁(ようへき)」や、雨水をすばやく集めて排水する「側溝(そっこう)」、火災・洪水に備えて水を貯めておく「貯水槽」など、防災・減災に力を発揮するものが続々と出てくる。震災や大雨などの自然災害が増えているいま、頼りになる会社だね。

建材会社って、まさに「縁の下の力持ち」ね。

インフラ事業で顧客に支持されているところはみんな、「社会を支える」自負を持っている気がするな。そうそう、山口県を代表する
宇部興産  ()  () 前日終値  () 始値  () 高値  () 安値  () ※株価、指数は最低20分遅れとなります。 」も忘れちゃいけない。もともとは炭鉱事業から始まった会社だけど、創業者が「いずれは掘り尽くしてしまう有限の石炭を、工業の無限の価値に展開し、地域に永く繁栄をもたらそう」といって、新しい事業を次々と始めたのがルーツ。その中に、地元で採れる石灰石と、炭鉱の廃土を活用したセメント事業があった。

へ~。炭鉱事業は一時期すごくもうかったけど、石油にエネルギーが切り替わってほとんどがつぶれたって聞いたことがあるわ。

石炭が好調なときにも、それだけに頼らず、リスクを分散した。偉大な創業者だよね。宇部興産は2017年に、ちょうど創業120年を迎えた。いまや「化学」「医薬」事業を中核に、「建設資材」「機械」「エネルギー・環境」の5事業を展開するグローバル企業に成長している。ナイロン原料では世界トップクラスの生産能力を誇り、海外でも存在感を高めているよ。

創業者の精神が、見事に花開いているのね。

採石場といえば、あのシーン

採石場というと、子どものころに見たテレビの特撮シーンを思い出すわね……。

出た、昭和発言!

悪かったわね。タカシ君だって昭和生まれでしょ? ああいうシーンって、撮影が大変そう。

特撮の爆破シーンには、「発破」の技術が使われている。もともとは、鉱山や土木工事で火薬を仕掛けて岩盤を爆破するための技術だ。建設大手の「 鹿島  ()  () 前日終値  () 始値  () 高値  () 安値  () ※株価、指数は最低20分遅れとなります。 」は、発破のすごい技術を持っているんだよ。

ふつうの発破とどう違うの?

特殊な電子雷管を使って、発破のときに起きる振動や騒音をコントロールする方法を開発したんだ。たとえばトンネル工事で硬い岩にぶつかったとき、近隣の住宅街に迷惑をかけないように発破するのは、難しかった。その課題をクリアしたのが、この技術だ。鹿島は、日本の超高層ビルの先駆けとして知られる霞が関ビルや、六本木ヒルズ、グラントウキョウなど、高層建築物が得意。一方で、東京駅丸の内駅舎や、姫路城の天守閣の保存・修理など、伝統的な建築物を次世代に残していく活動も積極的に行っている。最新の技術に挑戦しながら、文化を継承することも忘れない。バランスのいい会社だね。

特撮シーンが気になって検索したら、「東映特撮YouTube Official」っていうのが出てきた! 仮面ライダーっていまでも、いろんなシリーズがあって人気なのね。

子どもたちに長く愛されている、「 東映  ()  () 前日終値  () 始値  () 高値  () 安値  () ※株価、指数は最低20分遅れとなります。 」を代表するキャラクターだね。東映は、戦後間もない1951年、復興を目指す日本で「洋画と肩を並べる、いやそれ以上の映画作品を日本人の手でつくろう」という情熱によって生まれた会社だ。映画黄金期にスター時代劇を量産して人気となり、娯楽の中心がテレビに移ってからも、『水戸黄門』『遠山の金さん』などのロングラン時代劇や、『仁義なき戦い』といった任侠アクションでヒットを飛ばした。『プリキュア』などの子ども向け作品にも強く、2017年3月期決算では、『ONE PIECE FILM GOLD』の大ヒットで連結の過去最高益を記録。映画やテレビにとどまらず、モバイル向けのコンテンツ制作など、「総合映像企業グループ」としてさまざまな取り組みをしているよ。

採石場から、いろんな業界に話が広がったわね。帰ったら早速、いま出てきた会社についての投資情報を調べてみようっと。

あ~、なんか北海道を離れるのが寂しい。チマチマした東京に帰りたくないなあ。

私はそろそろ、都会が恋しいんだけど……。もしかしたタカシ君って、そのうち「田舎暮らしがしたい」とか言って会社をやめちゃうタイプ?

……えっ?!(図星)

意外な一面があったのね。私は田舎暮らしとか、とてもじゃないけど無理だなあ。

そ、そうなんだ。まあ、そういう話は今度ゆっくり……。

今回のテーマで取り上げた上場企業

住友大阪セメント
宇部興産
ヤマックス
鹿島
東映

本サイトは、原則として原稿作成時点における情報に基づいて作成しております。また、記載された価格、数値等は、過去の実績値、概算値あるいは将来の予測値であり、実際とは異なる場合があります。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。