年収300万円会社員から資産2億円へ〜www9945インタビュー【後編】

  • リアル投資家列伝・仕事から見つける投資のヒント / www9945

個人投資家のwww9945さんは、資産が2億円に達している現在でも、家賃5万円の公団住宅に住み続けています。前編では株式投資をはじめたきっかけや、独自の投資スタイルについてお話をうかがいました。最初の目標だった資産1億円を突破しても、なかなか仕事をやめる決意ができなかったと話すwww9945さん。キャッシュフローの重圧から逃れて、会社を辞め、どのように自由を手にしていったのでしょうか。

「年収300万円会社員から資産2億円へ〜www9945インタビュー(前編)」を読む

「キャッシュフローの重圧」から退職を思い悩む

ポートフォリオの「土台」となるのは株主優待や配当利回りの高い銘柄。幅広く長期保有してインカムゲイン(配当などの収入)を安定的にもらう。それとともに、好調な銘柄を10銘柄程度ピックアップして集中的に投資し、短期的なキャピタルゲイン(株価の値上がり益)を狙っていく2段重ねのやり方だ。資産が1億円を突破したことで、いよいよ退職が現実味を帯びてきたはずだったのだが――。

「ところが資産が増えてくると、反対に辞めることへの恐怖感が生まれてきました。配当で月20万円もらったとしても、退職すれば今まで当たり前にもらえていた給料20万円がもらえなくなる。合計40万円だった月収が半分になり、キャッシュフローは一気に悪化します。それに対する重圧から退職直前になってためらってしまう投資家は多いです。最初は8000万円、1億円を目標としていても実際には1億5000万円くらいないと、キャッシュフローの重圧に耐えられないようです」

www9945さんの資産は、幸いにもアベノミクスの追い風に乗って右肩上がりで増加。2013年には2億円を突破した。

「キャッシュフローの重圧も感じなくなり、退職を決意しました。会社にはなかなか伝えられずにいたのですが、退職が視野に入ってからは正直、勤労意欲がゼロ。『いつでも辞められるのに仕事なんてしていられない』というドロドロした感情が頭に渦巻くんです。そんな感情も2014年9月に辞表を提出してからはスッキリしました。でも、振り返れば、株式投資ではサラリーマンであることのメリット、大きかったですね」

insert01

会社員であることのメリット

前述したようにwww9945さんが働いていたのは清掃業界。清掃が行き届いているかどうか、店舗やショッピングセンターでは自然と床をチェックする習慣が身についたし、清掃の入る頻度から街角景気を推し量れるようにもなったという。

「清掃業界では3M(スリーエム)というアメリカの会社の用具が多く使われていましたが、持ち手の部分は長年使えても床をこするブラシは消耗品。しかもスリーエムの純正品しか使えない仕様になっていた。すでに寡占状態で消耗品の需要が定期的に発生するとなると安定して儲かるはずですよね。3Mが上場するのはニューヨーク証券取引所でしたが、そんな目線で買ったことがあります。自分の働いている業界では当たり前のことも、投資家目線では非常に貴重な情報となります」

自分が働いている業界については自然と知識が高まるはず。そこに投資のヒントがないか、今一度見直してみるのもよいのだろう。あるいはオフィス街や休日の外出でも投資のヒントがあるかもしれない。

「立ち食いで話題となったお店がありました。しかし、立ち食いの代わりに価格を抑えることが特徴だったはずなのに、あるときから椅子席を置くようになった。ここから客足が伸びていないのかな、回転率は低下するだろうし成長も鈍化するのではと推測できます。また、『メタボ検診』ってありますよね。恥ずかしながら会社員時代にひっかかってしまい、それがきっかけでメタボ対策のアドバイスをくれる会社を調べてみると、多くの健康保険組合から業務を請け負っていた会社がありました。この会社は儲かりそうだと、投資のヒントになったこともあります」

繁華街で買い物する中国人観光客の増減、新たに目につくようになったチェーン店、漏れ聞こえてくる会話に登場する流行りのブランドなど、街角には投資のヒントがあちこちに埋もれている。そんなヒントを積極的に探していくのも、www9945さんの投資スタンスだ。だから、休日には用事がなくとも繁華街や郊外のショッピングセンターに出かけることも多い。

株式投資が目線を「逆転」させる

「株式投資という視点を加えることで日常から得られる気づきは多いんです。会社員としての姿勢も同じです。サラリーマンとして働いていると愚痴りたくなる機会も多いと思います。『なんで給料が上がらないんだ』とか。ところが、それは雇われる側の目線ですよね。100株でもいいから株を買ってみると目線が変わる。買った会社の株価が下落したら考えると思うんです。『なぜ株価が下がったのか?』と」

新製品の売上が伸びなかった、不祥事が起きた、増資しすぎた。株価の下落には何かしらの理由が潜んでいるはずだ。

「そうやって考えることで昇給しない理由を経営者側の目線で考えるようになる。雇われる側=社員の目線から、経営者側の目線へと逆転するんです。その結果、私は薄給を我慢できるようになったんです。私の働いていた会社は、本当に小さな会社で、売り上げも推して知るべしという感じでしたから、給料が上がるわけはありません(笑)」

insert02

株式投資の成功で得た「自由」

今、www9945さんは専業投資家として暮らしている。住まいは会社員時代と変わらない家賃5万円台の公営住宅だし、部屋を見渡しても贅沢品はまったく見当たらないし、豪快に遊んだエピソードも聞いたことがない。www9945さんが株式投資で得たものとは何だったのだろうか?

「自由、ですね。今は時間が自由なんですよ。しかも、その時間をどう使ってもいい。繁華街に言っても平日の午前中なら空いている。博物館だって平日の昼間なら貸切状態です。もちろん生活に困らないだけのお金があればこそですが、時間の自由を手に入れられる人は少ないのではと思います」

会社員時代と唯一、行動が変わったように見えるのが旅行の頻度だ。ベトナム、インドネシア、長崎、札幌、帯広、今年は5ヶ所へ出かけたという。

「残り時間からの逆算で考えるようになった結果ですね。行きたい土地はたくさんある。でも人生は有限です。せっかく時間の自由を得たので、足腰が立たなくなる前に、いろんなところへ行きたいと思うようになったんです。手軽に出歩けられるあと20年くらいの間に、どこへ行けるだろうかと意識するようになりました。決して贅沢旅行ではなく、今年も旅費も合計100万円には満たない程度なんですけどね」

人生の残り時間を意識したことがあるだろうか。悔いなく生きるためにやっておきたいことは何か。それらを残り時間でどれだけできるのか――そのために必要な資金作りに必要なのが株式投資なのかもしれない。

www-graph

カエル先生の一言

www9945さんのもっと詳しい投資手法を知りたい人は、連載「億り人さん、いま持っている株を教えてください!」の「雪だるま式! 売買益と配当金をぐるぐる回して資産4億円超~www9945さん【前編】」を読んでみるといいかも。

億り人になりたいカエルくんが、「どんな手法を使っているの?」「どんな株を持っているの?」とwww9945さんに直撃取材しているぞ。