2017年7-9月期 IPOは特にマザーズがねらい目?

北朝鮮のミサイル発射や衆議院解散など、驚かされることが多かった2017年7-9月。日経平均は、北朝鮮問題などが重石となり、なかなか上昇しづらい時期もありましたが、アベノミクスの再始動期待などから、3ヵ月ぶりに高値を更新しました。そんな中、「儲かりやすい」と投資家に人気のIPOは、どうだったのでしょう? 最も上がった銘柄は? 7-9月のIPOをおさらいしてみましょう。

7-9月期は14勝1敗

7-9月に上場した企業は合計で15社。このうち、初値が公募価格を上回った銘柄はなんと14社。公募価格を下回った銘柄は1銘柄だけでした。勝率にすると93%。好調な結果だったといえるでしょう。

今年最高の値上がりを記録した銘柄も

好調だった7-9月のIPOには、今年最高の上昇率を記録した銘柄がありました。それは、ウォンテッドリーです。公募価格1000円に対して、初値は5010円。上昇率は401%、株価は5倍になりました。就職に活用できるビジネスパーソン向け交流サイト(SNS)を運営しており、「働き方改革」で転職市場が拡大する中、今後の成長に期待が高まったようです。

このほか7-9月の上昇率トップ5の銘柄では、「ユーチューバー」のマネジメントプロダクションであるUUUM(ウーム)、ウェアラブルデバイスやIoTを手がけるトランザスなどがあります。旬なテーマには投資家の注目も集まりやすく、上昇しやすいようですね。

IPOは特にマザーズがねらい目?

勝率が9割超と好調な7-9月のIPOですが、その中でもウォンテッドリーやUUUM、トランザスなど東証マザーズで上場した銘柄が特に好調です。7-9月はもちろん、2017年1月以降、東証マザーズで上場した銘柄はすべて初値が公募価格を上回りました。32銘柄すべて上昇し、全勝です。さらに、株価が2倍以上になったものも32銘柄のうち21銘柄と6割を超えています。
2010年以降の長い期間を見ても同じく、東証マザーズの優位性が際立っています。全体での勝率は80%であるのに対して、東証マザーズで上場した銘柄だけにしぼった勝率は93%となっています。

なぜ東証マザーズで上場すると株価は上がりやすいの?

なぜ東証マザーズで上場した銘柄は株価が上がりやすいのでしょう?

それは、東証マザーズで上場する企業は新興企業が多く、成長期待が高いからです。東証マザーズの説明文を日本証券取引所が書いているので、見てみましょう。

マザーズは、近い将来の市場第一部へのステップアップを視野に入れた成長企業向けの市場です。そのため、申請会社には「高い成長可能性」を求めています。

東証マザーズは、まさに「高い成長可能性」のある企業が集まる市場なのです。

実際に東証1部とマザーズの経常利益の伸び率を比べたものが下のグラフです。東証1部と比べてマザーズは成長率がほとんどの期間高い傾向にあることがわかります。

また、こういった高い成長が見込まれる企業は、旬のテーマを手掛けていることが多く、投資家から注目が集まりやすいということも、東証マザーズ上場の銘柄が値上がりしやすい理由の1つといえるでしょう。

好パフォーマンスで投資家に人気のあるIPO。今度応募するときは、会社の事業内容だけでなく、「どこで上場するか」ということに注目するといいかもしれませんね。

IPO取扱い銘柄一覧はこちら

本記載の内容は過去の一定期間についてコメントしたものであり、将来のIPOの動向を示唆、保証するものではありません。IPOで株式を購入する場合は、購入対価のみお支払いとなります。また、株価の変動等による損失が生じるおそれがありますので、IPOへの応募を検討される際は、契約締結前交付書面や目論見書またはお客様向け資料等をよくお読みください。