テンバガーをつかめ!〜10億円投資家・たーちゃんさんインタビュー【後編】

  • リアル投資家列伝・テンバガー(10倍株)を見抜く着想法 / たーちゃん

オーストラリアの金鉱株、アークランドサービス、そしてアイフルとテンバガー狙いの集中投資を成功させ、たーちゃんさんの資産は10億円へと達します。経済的な自由を獲得した今も仕事を継続し、さらには新たな事業へと着手と、忙しく働いている背景には、「カエサル的人間」を理想とする考え方がありました。
テンバガーをつかめ!〜10億円投資家・たーちゃんさんインタビュー【中編】を読む

アイフルは僕にとっての「中国大返し」だった

普段は堅実なバリュー銘柄に分散しつつも、チャンスが訪れると資金を集中させていくスタイルをたーちゃんさんはこう説明する。

「黒田官兵衛の『中国大返し』と同じですね」

中国大返しは、豊臣秀吉に仕えていた黒田官兵衛が仕掛けた大行軍だ。備中(現在の岡山県)で毛利家と戦っていた黒田官兵衛は、本能寺の変の一報を聞くと即座に和平を結ぶ。明智光秀を討ちに京都へ戻るためだ。

「鎧(よろい)や食料も最小限にして、とにかく急いで戻ったといいます。普段は慎重でも、そのときが来ればアクセルを全開に踏む。アイフル株の購入は、まさに僕にとっての中国大返しでした。アイフルも本社が京都ですからね(笑)」

1日で株に費やすのは5分だけ

「アイフルが有望だ!」と家族や親戚にも勧めたという。

「アイフルが倒産したら、自分の資産をすべて処分して返そうというくらいの確信があったので僕自身も、このときばかりは信用取引も駆使して買いました」

長年の経験と勉強の蓄積があっての確信だったのだろう。そんなたーちゃんさんだから普段からさぞ株漬けの日々なのではと想像してしまうが、実態はまったく異なる。

「1日のうち、株にあてるのは5分程度です。その日に発表されたIRの情報をまとめて見たら、それでおしまい。それだけです。自分のポートフォリオも、それほど気にしていません。2、3ヵ月見ないときもあります。自分がどの株を持っているのか、忘れるくらいです(笑)」

情報源としてベースとなっているのも定番中の定番、「会社四季報」だ。

「新しい四季報が出るたびに通読したいので。オンラインではなく紙ですね。新しい号が出たら後ろから読んでいきます。四季報は証券コードの順に掲載されていますが、若い番号は建設業など伝統的な業種。インターネット関連やサービス業など新しい業種は後ろのほうに掲載されているので、逆から見たほうが効率的なんです」

「知は力なり」を実践したカエサルのカレンダー

「30歳までに1億円、40歳までに10億円」の目標を達成し、次なる目標は「50歳までに100億円」だ。

「ちょっとキツイですね。僕が手がける小型株はそう大きな市場ではない。多くの資金を投入できません。かつてのゴールドや外食株、アイフルのような異常に安い市場、業種があれば突破口になるんですが、今はまだ見当たりません」

次なるテンバガーのチャンスを待つ間、たーちゃんさんが注力するのは事業投資だ。

「理想はユリウス・カエサルなんです。ユリウス暦ってご存知ですか?」

現在使われている暦はグレゴリオ暦。そのもととなったのがユリウス暦だ。

「ユリウス暦を作ったのもカエサルです。それまでの暦にはズレがあり、年を経るごとにズレが大きくなっていった。あるとき、カエサルが海を越えて攻め込もうとしたことがありました。カレンダーは12月。相手は『冬の海は荒れる、今は攻めてこないだろう』と油断していました。しかし、カエサルだけは正確な暦を知っていました。『まだ10月だから、海は荒れない』と奇襲に成功したそうです」

「知は力なり」を体現するエピソードだが、カエサルは政治、軍事、天文、さらには女たらしとしての才能までも備えていたという。

「僕もひとつの分野だけを極めるのではなく、マルチな才能を持った人になりたいんです。だから専業投資家になりたいとも思わないし、時間があっても株にあてるのではなく別のことで埋めてしまいます」

充分な資産を構築しながらも、今も仕事を続け、さらには新たな事業も手がけようとしているたーちゃんさんの姿はカエサルと重なるところがありそうだ。

株式投資を始めた先に待っている世界

「会社員でも、株の勉強をすると財務や異業種のことがわかるようになる。才能の幅を広げられるんです」

「ただし」とたーちゃんさんは付け加える。

「株で儲かるようになるのは、意外と大変です。そこは覚悟してほしい。軽い気持ちでやるくらいなら、やらないほうがいい」

たーちゃんさんが成功できた根底にあるのは、資格試験に落ちたときの猛勉強だった。

「本気で勉強すれば儲かるようになるし、儲かれば株が楽しくなる。楽しいからもっと株の勉強をするようにもなる。すべてが一体化するし、儲けたお金で新しい事業を始めることもできる。株式投資を本気で勉強すれば、その先にはとても楽しい世界が待っています」