「卵は一つのカゴに盛るな」

今回の格言は、「卵は一つのカゴに盛るな」。卵を一つのカゴに盛ると、どうなる? 一気に持ち運べて便利。山盛りになるから贅沢感もある。でも、万が一そのカゴを落としてしまったら……一つ残らず全部割れる! ショック! だからいくつかのカゴに分けておこうね、というのが格言の意味だ。これは株式投資でいう「分散投資」の考え方。一つの銘柄に集中して投資すると、予測が当たった時には儲かるが、外れた時の損失も大きい。つまりハイリスク・ハイリターンになる。そうではなく、さまざまな国、業種、銘柄に分散して投資をすればリスクを分散できる。例えば、円高が続いた時期、海外にモノやサービスを輸出している多くの上場企業が打撃を受けたが、日本からの海外旅行者が増えるので、旅行会社や航空会社は業績を上げた。何事も偏り過ぎるのは良くない。多少リターンが減っても、あらかじめリスクに備えておく堅実さが大切だ。