リアル投資家列伝・ 株を「勝負用」と「お得用」に分ける節約家の投資スタイル

今回紹介するのは会社員でありながら30代にして億り人へと上りつめた御発注さん。株式投資のきっかけは徹底した節約生活でした。節約生活からどうやって資産3億円を築いたのか? その背景には「御発注流・資産三分法」や、買い時の見極め、年1回の「勝負銘柄リスト」の作成など、真似したいノウハウがたくさんつまっていました。

著者プロフィール

御発注

サラリーマン投資家

30代のサラリーマン投資家。社会人1年目に株式投資を開始。小学生時代から続ける徹底した節約生活で給料の8割ほどを注ぎ込み続け、投じた元手は総額3800万円ほど。現在の資産は3億円前後に。バリュー投資を軸としながらも株主優待や高配当銘柄、イベント投資など幅広く目配りし、有望銘柄を発掘。数ヵ月から数年単位で値上がりを待つ。