お金を語るのはカッコいい・ 古田敦也さんに聞くお金と野球と仕事の話

現役時代はヤクルトスワローズ一筋で、最終的には選手兼監督を務めた伝説的な野球選手である古田敦也さん。眼鏡をかけた知的なキャッチャーの活躍は、野球選手に対する印象を変えました。そんな古田さんは大学生活や会社員の経験もあり、今も野球解説者を中心にさまざまなフィールドで活躍されています。古田さんに、投資や金銭感覚にまつわるお金の話から、野球ビジネス、これからの時代の生き方まで、じっくりお話しを伺いました。

著者プロフィール

古田 敦也

野球解説者・スポーツキャスター

1965年、兵庫県生まれ。88年、立命館大学卒業。89年、トヨタ自動車からドラフト2位でヤクルトスワローズ(現・東京ヤクルトスワローズ)に入団。98年には、日本プロ野球選手会会長へ就任し、球界の向上に貢献。04年に球界史上初めて、球界再編問題に対するストライキを決行。06年には、プロ野球史上29年ぶりとなる選手兼任監督へ就任。プレイングマネージャーとして、若手選手の育成、ファンサービスを重視した。07年、現役引退と同時に、監督も退任。2007年の引退まで球界を代表する捕手として活躍。リーグ優勝5回、日本シリーズ優勝4回。個人としても、MVP2回、首位打者2回、ベストナイン9回。通算盗塁阻止率、オールスター連続出場など多くの日本記録を持つ。学生・社会人を経た選手として初めて、通算2000本安打を達成。2015年、野球殿堂入り。現在、テレビ朝日「サンデーLIVE!!」、BS朝日「スポーツクロス」にレギュラー出演中。