お金を語るのはカッコいい・ 投資には人類の叡智がつまっている

意外に知らない経済の歴史。株式会社の成り立ちからバブルまで、投資家・作家の板谷敏彦氏による経済史の授業。

著者プロフィール

板谷 敏彦

作家・コラムニスト

作家・コラムニスト。石川島播磨重工業を経て、日興証券に入社。米国・NYで6年間駐在員を経験する。その後クレディ・アグリコル・インドスエズおよびドレスナー・クラインオート・ワッサースタイン等でマネージング・ディレクター。みずほ証券株式本部営業統括。2006年にルート・アセット・マネジメント設立。著書に『日露戦争、資金調達の戦い 高橋是清と欧米バンカーたち』『金融の世界史 バブルと戦争と株式市場』(ともに新潮選書)など。

つきはなこ

漫画家

集英社「ふんわりジャンプ」にて漫画掲載中。 twitterやnoteで1ページ漫画を更新しています。 @tsuki_hanako