お金を語るのはカッコいい・ 起業とお金

女性キャピタリストの佐藤真希子さんが、起業家を信じ、応援するベンチャーキャピタリストという仕事のやりがいと思いを語る。

著者プロフィール

佐藤 真希子

iSGSインベストメントワークス取締役

2000年、株式会社サイバーエージェントへ新卒1期生として入社。インターネット広告事業本部に配属され、2002年に同社ベストプレイヤー賞(MVP)を受賞。同社営業部門の初の女性マネージャーとなり、営業に加えて採用や組織作りなど事業拡大に貢献した。 2005年、株式会社ウェディングパーク(出向) にて、同社のビジネスモデルの構築及び営業部門の立ち上げ、及び新規事業の立案・立ち上げを行う。 2006年より、株式会社サイバーエージェント・ベンチャーズ (出向)、国内担当インベストメント・マネージャーとしてベンチャー投資事業に従事。主な支援先はLiB、ビザスク、grooves、ストリートアカデミー等。主な投資ステージはシード・アーリーステージの企業への投資。 2016年2月、株式会社iSGSインベストメントワークス 取締役 代表パートナーに就任。 夫は株式会社スペースマーケット代表取締役の重松大輔、三児の母でもある。