お金を語るのはカッコいい・ お金に縛られず、幸せに生きるためのヒント

新しい投資の指南書としてベストセラーとなった『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』をはじめ、鋭い切り口が人気の作家、橘玲さん。これまで金融・経済を通して、「個人がいかに人生を設計するか」を発信してきた著者が、新刊では「幸せ」をテーマにしている。これからの時代、お金に縛られずに幸せな人生を送るには、どうすればいいの?

著者プロフィール

橘 玲

作家

作家。2002年、金融小説『マネーロンダリング』(幻冬舎文庫)でデビュー。『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方』(幻冬舎)が30万部を超えるベストセラーになる。小説に『タックスヘイヴン』(幻冬舎)、『ダブルマリッジ』(文藝春秋)、ビジネス書に『臆病者のための株入門』(文春新書)、『幸福の「資本」論』(ダイヤモンド社)など。『言ってはいけない 残酷すぎる真実』(新潮新書)で2016年新書大賞。