襟川 恵子 (えりかわ けいこ)

コーエーテクモホールディングス代表取締役会長

横浜市出身。多摩美術大学デザイン学部卒業、夫・襟川陽一と光栄(現コーエーテクモゲームス)を設立。会社経営の傍ら、「アンジェリーク」などネオロマンスゲームと呼ばれるシリーズの制作を指揮し、女性ゲームのジャンルを開拓したことでも知られている。長年にわたりビジネス、ゲームソフトの著作権保護と業界の国際的な発展のために活動し、7つの社団法人や公益法人の設立に従事した。2003年に「情報化月間推進会議」経済産業大臣表彰受章、2013年に「情報通信月間」総務大臣表彰受章、2015年に藍綬褒章受賞。

この著者の記事一覧